あんステTYMリリイベ大阪昼の部レポ

あんステTYMリリイベ大阪昼の部に参加してきました!!

記憶を便りに書いてますので口調台詞違いありますので雰囲気を感じ取ってください!
収録が入っているとの事だったので何かで公開や収録がされるかもしれませんね!楽しみです

7/22(土)14:30~15:30頃

司会者入場
「前回はしののんで泣いてしまいましたが、今回は座長の最後の言葉にそこまで堪えてたんですが泣いてしまいました」
「会場の人が若い人がこんなに集まったのは初めてだと驚いていましたよ」

客席後ろよりキャスト入場
下手側通路 松村・赤澤・小南・小松
上手側通路 村川・小南・石井・佐伯・山本
ハイタッチしたり手を振りながら入場してきました

壇上下手より 小松・小南・赤澤・松村・山本・佐伯・石井・小西・村川

□挨拶

村川さんから

小西「天祥院英智役の小西成弥です」

佐伯「なんとここでスペシャルゲストが!」
小西「流星隊全員揃ってます!」(忍まんを持ちながら)
松村「そのタイガースのユニフォームは何?」
小西「鉄虎だから」(広げて見せる)

山本「氷鷹北斗です!」(松村「名前名前!!」)
松村さんのタイミングでスクリーンには次の赤澤さんの名前が。一旦消えるもまた赤澤
小南「羽風薫役の奥谷知弘です」
小松「小松 上田樋口 準弥です」

小松「僕だけユニット一人だと思ってたんですが…」
小松・小南・赤澤「デッドマンズ!」(3人で肩を組む)


トークコーナー
○役と自分の似ているところ
山本「どこですかね~ずっと考えてるんですけど」(目を閉じて考えている)

村川「鬱だ…死にたい…まではいかないけどネガティブなところ」
小西「まんま俺ですね」
石井「まんま僕ですね!」(被せて)
「マイペースなところ。かなたくんが噴水にいくみたいに僕も散歩にいってしまう」
佐伯「顔ですね!」(芯があるところ 一直線に進んでいく的なことも言っていた)

山本「ずっと考えてるんですけど」(わーっと喋りだす)
司会「じゃあ後にしましょ!トリで」

小松「僕は似てないですね…彼から見ると説教される方ですね」「考えてたんですが弓道してるじゃないですか?僕は剣道してたので武門の繋がりがある」

小南「僕はトマトジュースが苦手だったんですけど飲めるようになったんですよ!カゴメの…ミニッツメイドかな?いやカゴメ/?」
赤澤「会社名いいよ!」

小南「薄いのじゃなくて濃いのです」
赤澤「育ちがいいところ」
小南(即立ち上がり)「それは違うだろ!」
赤澤「なんで?ちゃんと教養されている感じが…きちんと育てられてきたんだろうなって」
小南「赤澤両親はちゃんとしてるけど」
赤澤「えっ??」(困惑)

松村「ゆうくんはですね~」(立ち上がって喋りだす)
「なんであの人立ったの?」
山本(松村のいすを下げる)

山本(喋りながら立ち上がる)
松村「トリスタは立つの」
山本「ずっと考えてたんですが………」(なんかずっと喋ってる)(謎タイミングで座る)
松村「理屈っぽいんだよな」

○前作より人数が増えましたが人間関係に変化はありましたか?

赤澤「なんかそれぞれユニットっぽいですよね?流星隊は流星隊っぽい トリスタはトリスタっぽい」

山本「トリスタはいつも遊んでる」
松村「芝居で遊んでるってことね!」
山本「前作ではユニットごとが多かったけど今回はいろんな関わりがあった」

○好きな振り付けは?
小西「忍に聞いてみますね!」(マイクを向ける)
小西「5人で星を作るところだって」
司会「是非やってみて下さい」
ステージ中央で星をつくる
「これゆうきが考えたんですよ」「各自決めポーズだったんだけどみんなでなんかしたいねって話しててゆうきが星を作ろうって提案した」

山本「トリスタも星ポーズあるもんね」
松村「今回はこだわった!あの…Growingじゃなくて…(曲名が出てこない)」
赤澤(だったと思う)「Wish!」
松村「そうそうWish~で星をつくるところが心情を表していてうまく星が作れてない」
山本「前作は(頭上に)揚げきってるんだけど今回はなんか俺たち揚げきれねえな…って…スバルだけ頭上に揚げてる」
松村「星を作るタイミングもバラバラ」
山本「DVDなんで是非確認して」
松村「でも一人しか抜かれてなかったらどうする?」
山本「明星だけ?」

小南「今回処刑されるじゃないですか。その後DESTRUCTION ROADで蹴りあげるところを全てをぶち壊すって思いでやってたんですがどうですか?」
赤澤「僕??気持ち的なこと?」「やっと踊れて楽しいなって気持ちでしてました」
「反省してない」
松村「真の前で披露してくれるんだけど小南が僕にだけファンサをしてくれる」
小南「(ステージ端にいる真に手を差し出して招くようなポーズ)」「ファンサしろって言うから!」

小松「紅月は和が強みじゃないですか~小道具を使えるのが」
「前は扇子を使ってたから今回も何か使いたいねって話してて。樋口くんが番傘使えるんじゃないって振り向けもしました」
樋口くんが凄いっていう話で皆感心してました
小南「蓮巳の振り向くとこかっこいい!」
赤澤「稽古中もずっと言っていたもんね」
小松「百花は剣舞で持っていったから今回は持っていっていいよって樋口くんが言ってくれたんですけど、刀をガーーンってやってバーーって割れていく派手な演出になり結局樋口くんが持っていった」

○右隣の人の好きなところは?
右を見る山本「まっつーさんか…」(考えるポーズ)
松村「傷付くんだけど!?」
司会「じゃあトリにしますか?」
山本(そのまま喋りだす)「好きなところ…嫌いなとこしか出てこない…」
「いい人だから取り立てここが好きって出てこない…空気みたいなもんだからさぁ」「あっ…空気みたいな存在で」
松村「褒められてんのこれ!?」

山本「俺たちがどういうこと?ってなってるときにこうなのかな?って要約してくれるところ」
?「今の言い方似てる」

松村→赤澤
松村「かわいいところ」
松村「今も頭にゴミついてるんですけど」
赤澤「えっ!?メイクしたのに?!言ってくださいよ!!」

赤澤→小南
赤澤「この話良くしてると思うんですけど…全部です」
小南「」
?「照れてますね」
(いろんな衝撃であんまり記憶にないですね)

小南→小松
小南「準弥くんが年上なんですけど年上って感じがしない」
小松「僕も年下って感じがしないです」

小松(右にいる司会者に手を出し)「好きなところ…」
司会「私はいいですwありがとうございます」

小松→村川
小松「人見知りなんだろうけどみんなといるのは好きで~~~~」
「話題ないのに側にやって来て”準弥さん。今日はいい天気ですね“って」
小南「わかるw」

村川→小西
村川「初舞台で何もわからなかったけどいろいろ教えてくれた優しいお兄ちゃんです」
「ダンスも後から稽古入りしたのに先に覚えて逆に教えてもらった」

小西→石井
小西「遅刻するんですよ」
石井「ダメ出し!?」
小西「仕事ではしないけどプライベートではまあ遅刻する」
「流星隊で集まるときにまず小西・深澤がきて佐伯・村川が来て5分10分後にくる」
?「何してんの?」
石井「いろいろ準備とか」
?「噴水じゃないんかい」
小西「憎めないってことです」

石井→佐伯
石井「めっちゃ見てくる」(ガン見されてた)
「楽屋ではお爺ちゃんみたいにお茶を飲んでるんですが」「いいお兄ちゃんです」

佐伯→山本
山本「どっちにしろ俺トリだったんですね」
佐伯「一慶さんは人見知りで…“一慶さんおはようございます”(両手振り)ってしても”ああ…おはよう“みたいな感じだったんですが、だんだん一慶さんの人間的面白味に気付いてきた」
「真顔で冗談を言うし独り言が多い」
山本「独り言ってやめろ」
松村「口笛も多いよね」

山本「まっつーさんはですね」
松村「もう終わったよ!?ループ??」

ジェスチャーゲーム
くじでチーム分け
端から引いていき一斉に見せるはずが先に見せてしまい慌てて隠す小松

レッド:山本・小松・赤澤
イエロー:小西・小南・石井
ブルー:松村・佐伯・村川

お題はTYMに出ている22キャラ。一人ずつジェスチャーしていく。負けたチームには罰ゲーム

まずはレッドチームから
司会「誰からいきます?」
赤澤「僕からいきます!」「先輩からの圧が凄い!」

赤澤(北斗)なんでやねんポーズ
赤澤(真緒)前髪をあげる
小松(蓮巳)姿勢がビシッとなり腕を組む
小松?(スバル)キラキラストリーム
山本(ゆうた)「これだけは引きたくなかった…」
山本(真)転んで眼鏡が飛んでいくジェスチャー

正解9問


イエローチームはじゃんけんで順番決め

小西(鉄虎)ドヤッてた
小西(紅郎)ドヤッてた
小南(渉)腕を広げながらAmazing!
小南(晃牙)噛みつく仕草
石井(奏汰)ぷかぷか
(忍)忍者ポーズ
(アドニス)オカリナを吹く

(北斗)なんでやねん(真緒)前髪あげジェスチャーに対し赤澤「ずるい!俺の!」

正解12か13だったはず


項垂れてるレッドチーム
司会「まだわかりませんよ!」
山本「ブルーにはまっつーがいるから」
松村「どういうこと?」


ブルーチーム

村川(ゆうた) 松村「どっち!?」
佐伯(ひなた) 松村「どっち!?!?さっきひなただったからゆうた!」
村川(千秋)千秋のポーズ 佐伯「守沢千秋!!!」
松村(真緒)OYSの腕を回す振り 佐伯「真緒!!!」←凄い谷水くんだった…
松村(スバル)ジャンプして着地
松村(英智)頭上にて手のひらを回すというかなんといったらいいかわかんないんだけど英智感あった
(桃李)かわいいポーズ 松村「しののん…じゃない桃李!」
(渉)薔薇を出す手の動き
(零)仰向けに寝て手を上に伸ばす

自分の番なのに座っている松村「あっ!僕か!」
まっつーさんは前のチームとは違うジェスチャーをしようと頑張っていました


死んだ目のレッドチーム「後になるにつれて有利ですね」

センターでジェスチャー、回答者は上手側に座っていて移動中に答えをみてしまうパターンが多くパスが多かったです
弓弦は思い付かずパスしていました

頻出ジェスチャー
北斗→なんでやねん(3チームともこれだった)
真→転んで乙女座り 眼鏡
颯馬→チェスト
翠→項垂れて歩く
ひなた・ゆうたは特に頻出で「2wink…どっち!?」ってなっていました

今書いてて気付いたんですが羽風出てこなかった…?記憶にない……

イエローは正解14問なので罰ゲームはレッドチーム

小松「うちの山本見てください。本気で罰ゲーム嫌だったみたいです」
罰ゲームはチームの2人をメロメロにする甘い言葉
「シチュエーションが謎」

立ち上がる山本
司会「じゃあ山本さんから」
山本「俺からなの!?」
小松「じゃあ僕が」(挙手)
赤澤「僕が」(挙手)
山本「どうぞどうぞ」
小松「なんでですかw」

じゃんけんで決めて赤澤→山本→小松

山本と小松の間に顔を入れながら
赤澤「俺貯金いっぱいあるよ」

山本「俺も今みたいな感じでいく」
山本「夜景が綺麗だね…あそこからあそこまでのビル全部俺の」
小松「あそこからあそこまで!?」
赤澤「屋上にプールがある!」

小松「僕は二人とは違うのをします」
小松「俺、お金いっぱい貯めてあそこからあそこまでのビルを買う予定」
山本「自信だけはある人だ…」
赤澤「ついてっちゃダメな人だ…」

山本「小南がお前ら逃げたなって顔をしているので」と小南もすることに

小南「お前らみんな俺の嫁な」(3人に)
山本「一夫多妻!?」
赤澤「勝手に決めないで!」

山本(まっつーもやる?と手を出してる)
松村(めっちゃ手を振る)


□ジャッジオブナイツについて
司会「このメンバーでは小松さんが出ますので代表してコメントを」

小松「僕しか出ないんですね!?」
紅月は全部出ている。Knightsとらびっつが揃う。前作以上にいいものを届けたい的なコメントでした

□締めの挨拶
村川→佐伯、小松→山本の順番

赤澤「なんかみんな長く喋るんだなって…」

松村「楽屋のテンションのままきちゃった」

山本「トリスタが再結成できるのをお家で待ってます」

挨拶の記憶があんまりないんですが久しぶりに集まれて楽しかった!これからも応援してください!って感じでした

上手にハケていきましたが机にタイガースのユニフォームを忘れた小西さんが慌てて回収してました


とにかく役者の顔が良かったので貝塚まで行った甲斐がありました
貝塚遠かった!


メインスト完結編やイベストでの舞台ができるように応援していきたいですね!
返礼祭と対決!華麗なる怪盗vs探偵団が見たいです私は!!
今はとにかくエクストラステージが楽しみです。

2016年参加イベント

お友達がイベント総まとめ記事を書いてるのを見て、そういえばイベントレポを書きたくてブログを始めたんだと思い出しました。
IDを忘れていてログインするのに時間がかかりましたが気を取り直して2016年参加イベント総決算をします。

2月13日14日
Rejet Fes.2016 -ONLY ONE- 昼夜公演
4月3日
スカーレッドライダーゼクス NEW DAYS 2016 春のサブミッション 昼公演
5月1日
Dance with Devils スペシャルイベント 「あなたも私もホントはアクマ!?」昼公演
あんさんぶるスターズ!私立夢ノ咲学院ドリームフェスティバル 夜公演
6月24日
あんさんぶるスターズ!オン・ステージ
スカーレッドライダーゼクス先行上映会
7月24日
B's LOG FAN MEETING 2016 昼公演
8月20日
あんさんぶるスターズ!Welcome to Festa! Knightsトークショー


2016年はあんスタイベントが多かった印象でしたがどうしても行きたくて頑張りました。
こんなに東京に行ったのは初めてです!
あと残念だったのは仕事が被って防衛部ライブに申し込めなかったことです…3月のイベントは絶対行きたい!

一番見た人はまさかの北村諒、伊藤マサミ(3回)です。
まさにあんスタの年でした!

8/20 ひらパー Knightsトークショーレポ②

『あんフェス会場限定くじBを引くコーナー』

商品パネルを掲げて歩く北村と便乗する伊藤
「ラウンドガールだ!」「スタイルいいんだよな…」

会場端まで歩いていくとチケを手に入れられなかった転校生ちゃんが会場裏にいるのが見えた伊藤さんだったかな?
「こっちにも人がいるよ!?」
浅沼「ほんとだ!あのね~いまからくじ引くよ~」
この後も裏の転校生も気にしてて神対応だった

山下さんが引いたのは「スタンドPOPレオ」
「おお~~」
「これ僕が引いてよかったんですかね??」
POPを持つ山下くんの横でレオのポーズを真似る浅沼さん
伊藤「シャッターチャンスですよ!」

次は北村さん「スタンドPOP守沢千秋」
北村「守沢www千秋www」
浅沼「流星隊!?!?」
ステージの上の段に駆け上がる浅沼とついていくメンバー
浅沼「おのれ流星隊!」(戦隊ポーズを決める5人)

浅沼「なんで流星隊が入ってるんだ!公式が煽ってきてるとしか思えない」
「こんなこと言ってるけど流星隊大好きなんですよ!そんなこと言わないで下さいってファンから怒られたのね…でも好きなんですよ」
土田「知ってますよ…」
浅沼「流星隊って言うたびリーダーからお礼言われる」

次は浅沼さん「ミニタオル流星隊」
浅沼「流星隊…!」(くじを床に投げつける)

(ボイスレコーダーが設置されているのを見つけた浅沼)「盗聴されているぞ…」
伊藤「青いボイスレコーダー…しんかい…やられた…」

次は伊藤さん
浅沼「流星隊引けって思ってる俺がいる…」
伊藤「C賞缶バッチです」
山下「これランダムで誰がでるかわかんないんでしょ?早く開けて~」
伊藤「(無言であける)」
(前のお客さん)\おおーー!!!/
伊藤「やりました!」
見事伊藤さんは瀬名の缶バッチを自引きしました!
この時はすごいって素直に驚いたけど缶バッチはスタッフが裏から持ってきたので仕込みでしょ

次は土田さん
浅沼「オチよろしくな~」
土田「Leaderが流星隊って言うたび俺が怒られるんですよ…」(ぶつくさ文句をいいながらくじを引く)
くじを開けるためにまいくをきたむーに持ってもらうれいおーくん
北村「いうても(マイク持ってても)できるでしょ」
土田「A賞です!!」
「!!!!!!!」
浅沼「うちの子できる子なんです!」
伊藤「うちの末っ子です!」
浅沼「朱桜司です!よろしくお願いします!!」
土田「運だけはいいんです」

グッズにプレゼントすることになりくじを引く5人

いつの間にかバッチを胸元につけている伊藤「いくよ~」(当たった子に投げようとする振り)
浅沼「コントロールに自信あんの?」
伊藤「ない…そこら辺に落ちる」

土田「アールの」(座席番号を読み上げる)
浅沼「違うだろ!R(発音よく)」
土田「Rの…さん……………Threeか」
浅沼「これは何?」
土田「Knights?…の??……クッ cushion!」
英語でいじられる末っ子

グッズにサインを入れることに
山下「レオに僕のサインでいいんですか?」
浅沼「月永レアだ」
北村「守沢に僕のサインもだいぶおかしいですよ」
浅沼「帆世雄一…ヨシキっと」
司会「ご自身のサインでお願いしますw」
浅沼「推し変しないでね…」「流星隊のタオル持ってアピールされたけどこれ俺はどうしたらいいんだ」
伊藤「缶バッチ書く面積狭い」「米粒に文字書く人みたい」
土田「これは僕だけのサインじゃ寂しいですよね」
クッションには全員のサインを入れることに


最後に山下くんから順に挨拶

れいおーくんが困ってると笑顔で手招きする浅沼
不思議そうにセンターにくるれいおーくん
土田「呼んだだけですか?!」
浅沼「英語で」
土田「www先輩達に全部言われちゃったんですけど~」

挨拶全然覚えてないんですけど…皆さんの前に出て来てイベントができて有り難い的なこれからも応援してください的な話だったかと…

ステージ前ギリギリまでやって来て
浅沼「(客席)降りちゃう?」
ジャンプで降りる山北浅土
ステージにいる伊藤に手を出して引っ張ってもらう振りして落とす浅沼
ステージに登るがサルエルの山下くんだけ登れず引き上げてもらってました

最後は上段で
階段を使わず飛び乗る伊藤マサミ(かっこいい)
浅沼「背後に爆竹お願いします」
伊藤「それ違うユニット!」
浅沼「じゃあヒーローポーズで?」
ヒーローポーズを決めて終了
ジャンプして降りる伊藤マサミ(かっこいい)
捌け場所を間違える伊藤マサミ(かわいい)


キャストは捌けましたがこの後再登場して一緒に写真を撮ることに
ステージ上段の扉が開くとヒーローポーズの5人
きたむーだけジャンプで降りてしまうも他4人が上段でポーズを決めているのに気付いて下で一人で決めてました
「うっちゅ~☆」の掛け声で写真を撮りました。

愛してるよ~☆からの投げキッスの浅沼
めっちゃかっこよく投げキッスする北村
チョリーッスっぽいポーズからの投げキッス山下



あとどのタイミングか忘れたんだけどカメラに集まってきてくっついてポーズをとる5人
伊藤「俺たちカメラ大好きだから」

朗読劇のポーズをする4人(土田の右腕に北村・左腕に浅沼・背後に山下)
伊藤さんは迷って浅沼の前に座ってました




とっっっっっても楽しいステージでしたが何せ暑かった………
あんフェスの展示は不思議空間で面白かったので是非見に行って欲しいです
ここまで読んでくださってありがとうございました!

8/20 ひらパー Knightsトークショーレポ①

2016年8月20日13:30~ひらかたパーク野外ステージ

行ってまいりましたひらかたパーク!真夏の大阪はべらぼうに暑かった!!
野外ステージは3000人ほど入るようです!立ち見はだいたい400人でした。
暑さで朦朧としていて記憶が曖昧なので間違い等かなりあると思いますがご容赦下さい。

開演30分ほど前にキャラより一言。
(このとき私はまだ会場に入れずにいたのであんまり聞こえなかったけどレオの声だけはよく聞こえた)
開演時間になるとまずスタッフのお姉さんが緒注意を話しますがマイクなし地声だったのでまぁ聞こえませんでした(私は立ち見だったのでステージより大分遠かった)
お姉さんの「あんさんぶる~」の声に\スターズ!/とコールしてイベントがスタート!
まず司会の松本拓也さんが登場、その後にキャストの方々が登場されました。

山下「ふわぁ~~…肉を食え!」
「それ山下出ちゃってるから」「アドニスと山下だから」

北村「日焼け止めは塗ったかしら~?」

浅沼「うっちゅ~やで☆」
「関西弁バージョンです」

伊藤「この暑さ!めっちゃうざいんやけど~ぉ」
浅沼「俺の取らないで!」
伊藤「これはいいのきたなって思って」

土田「Marvelous!」「Marvelous~やで~」


この日はとても暑かったためうちわを持っている人がたくさんいました
「うちわそのまま扇いでていいからね~」「うわっうちわすごいキレイ」
司会「手作りのうちわもありますね!」

浅沼「暑いからね!もし具合が悪くなったら『具合が悪いです!』(元気に手を挙げる)って言ってね!」
伊藤「それは本当に具合が悪いのか!?」

「好きな時に水分補給していいからね!」「今一緒に水分補給しよう!」「乾杯の音頭は『ジャッジメーント!』で!」
「水分補給するイベント始めてです」

司会「今日は皆さんからプレゼントがあるんですよね!」
浅沼「八ツ橋です!」
伊藤「生物は駄目だよ!」

プレゼントはひらパー限定の生朗読でした
マイクスタンドが運ばれてきますがきたむーがなかなかつけられず戸惑う
北村「慣れてないからね」
「スタッフさーん!」

伊藤 北村 山下 土田 浅沼 の立ち位置(伊藤・浅沼はハンドマイク)
Knightsがひらパーにお仕事をしにきたという設定

ひらパーでの仕事に受かれる嵐ちゃんと眠たげな凛月
司はLeaderがいないことを気にしていて泉は苛立っていた
レオ「みんな~うっちゅ~☆ぐーてんもるげん!」「プールもあるんだな!オマキャノンって知ってるか!?」「インスピレーションが溢れてきて1曲できたぞ」
泉「なんでもうプールに入ってんの…」
嵐「王さまったら一人で回ってきたの~?一緒に回りましょうって約束してたのに!」
司「先輩方と回れると楽しみにしてきましたのに…」

レオは落ち着きなく移動をしながら話ていて、瀬名はだるそうにしてた

何のアトラクションに乗るか話をすることに
凛月「暗くて涼しいからお化け屋敷ならいってもいいよ」
嵐「お化け屋敷ですって!こわ~い」(泉に背後から抱きつく)
泉「暑苦しい!くっついてこないでよね!!」

ここらへんからスタンドからマイクをはずし嵐凛月司も移動を始める

司「お化け屋敷ですか…」
レオ「なんだスオ~はお化けが怖いのか!」
司「怖くありません!あんなものはFakeです!」
嵐「あら司ちゃん♪怖いなら腕を組んで歩いてあげるわね~」(土田の右腕を組む)
レオ「それならおれは腕を掴んでてやるぞ☆」(土田の左腕を掴む)
凛月「俺は歩くのがめんどうだから 」(土田の背後に回る)
「ちょっとちいさ……おおき」(土田をしゃがませる山下)
「小さいけどおんぶしてもらお~」
司「離れてください!暑苦しいです!」

泉「ここのお化け屋敷は乗り物式だったと思うけど~?」
嵐「あら詳しいわね!泉ちゃんも楽しみだったのね」
泉「ハァ~?仕事先のことを調べるのは当然だと思うけど~」

お仕事を頑張って遊ぼうと楽しみにしているKnights
オチは忘れました……
司はLeaderと2回言いました


一度座ろうとなり、浅沼さんの席に座ろうとするマサミさん
浅沼「そこ俺の席!」
伊藤「小さいステージで迷子になった」

浅沼「俺の椅子だけビショビショなんだけど!いじめか!」
土田「暑いからすぐ乾きますよ」雑
伊藤「俺のせいだ~」(椅子をふく)

北村の椅子が沈むハプニング

司会「ではここからトークコーナーです」
「関西出身の方はいらっしゃいませんよね?」
浅沼「今からでも…いいなら」
伊藤「出身って言ってるでしょwww」

『皆さんは大阪に来たことがありますか?』
浅沼「きたむーはよくくるでしょ?」
北村「そうですね。舞台の大阪公演できますね」

浅沼「どことは言わないですけどこの4人は昨日遊んできたんですよ!」
「僕は野球を開幕させてたので行けませんでしたけど…」
「浮かれたLINEがどんどん来んの…『今新幹線何両目で~す』ってどうでもいいわ!!」
司会「こっちは仕事してんのに!って…そんな浅沼さんに元気をあげましょう(客席に)」
浅沼「いや、今この状態の皆さんから元気はもらえませんよ」

山下「SNOWが楽しすぎてずっと送ってた」

『大阪の好きな食べ物は?』
北村「うーん…そうですね…あったこやき!たこ焼き好きです!」
浅沼「串カツとか…あと肉吸いとか」
山下「肉!?」
浅沼「プライベートでフラッときて食べたりします」
山下「肉吸いってなんですか!」
伊藤「肉に反応したでしょw肉うどんのうどん抜きみたいなやつ」
山下「へぇ~」
浅沼「後で話します」

『あんフェス展示について』
「さっき見てきました!」(山北土と浅伊で回ったようです)
「(会場に)もう見たよっていう人~?この後見るよって人~?」
浅沼「まだこれからの人もいるようなのでねたばれはしないようにします~」
土田「棺桶に入って写真を撮ったり~」
浅沼「ネタバレするなって言っただろ!!」
土田「アッ…」
浅沼「そのTシャツにネタバレ禁止って書いてやろうか」

北村「写真たくさん撮ったので後でTwitterにあげますね」

伊藤「LINEに真の写真がどんどん送られてくる」
?「見たいかと思ってwww」
伊藤「泉の写真は一枚もなかった」


『もしKnightsのメンバーがひらパーにきたらどうするか?』

山下「凛月はまずこない。マイナス何度の世界とかあります?あったらそこにいきます。あと日陰を探して歩く」
伊藤「ネコか」

北村「嵐はカフェにいそうです」
伊藤「アイスとか買ってきそう!」

浅沼「岡田さんを探します!お前の歌はいいな!って言って勧誘する」

伊藤「誰といるかによりますね…一人だったらカフェにいそうです。特定の誰かがいるとわかったらカメラで撮影します!」
浅沼「あのスタンプみたいに?」
伊藤「そうそう」
浅沼「さっきから鞄が見えるんだけど特定の誰かとペアでハートの鞄に入ってるの…周知の事実なんだね…」

土田「司は~」
浅沼「寿司屋だろ?」
土田「寿司屋はないですしそれは朱桜の坊ちゃんじゃなくて僕ですね」
「司はこういうところに来たことがないのでアトラクションを全制覇しそうです。ジェットコースターとか好きそうです」
「マ~ベラ~~ス!(エコー)とかやってそう」
?「周りが楽しいやつだな」
浅沼「ジェットコースター乗ろうな!」(笑顔)
土田「………もうやだ」
れいお~くんは絶叫系が苦手なようです

長くなったので②に続く

北斗が出てくるストーリーを紹介しよう!①

タイトルまんまです。

あんスタは魅力的なキャラが多く、イベント限定、スカウト限定を含め大量のストーリーがあります。

イベントに参加していない、カードを入手していない、ランクが足りない、新愛度が足りない…等未解放ストーリーがある方も多いはず!

私はストーリーが読みたくてどのスカウトもとりあえず10連する女なのですがそれでもまだ解放してないストーリーがあります。

ストーリーの解放キーはあるが課金では手に入らず、入手する機会は限られているのでどこに使おうか悩む方も多いでしょう。

そんな方にストーリーを紹介したい!と思い記事を書き始めました。

さすがに全員は紹介しきれないのでまずは私の推しである氷鷹北斗が出てくるストーリーをあらすじ程度に紹介したいと思います。

 

氷鷹北斗 生徒別ストーリー

[第一話] (日日日) 春:北斗

新愛度RANK2で解放

手を握ってもいいかと尋ねる北斗は転校生に通報されそうになり!?

完璧なパフォーマンスの為に冷え性を直したくプロデューサーに頼る真面目な北斗

「まったく、うちのクラスの連中はどうしてこう手がかかるのだろう。握手だけに」アホが感染するホッケ

 

[第二話] (結城由乃) 春:北斗

※新愛度RANK10で解放

音楽室に忘れ物を探しに来た北斗と転校生。北斗が探していたものは意外なものだった。

授業中の北斗の姿に驚きました。オイ委員長

おばあちゃん語録『授業中は真面目に先生の話を聞きなさい』

 

[第三話] (結城由乃) 春:北斗

※新愛度RANK15で解放

教室に入ると「そのまま扉を閉めるか中に入るか10秒以内に選べ」と言われ!?

北斗に着替えの最中に遭遇してしまう転校生

着替えを見られても困るものは何もないという北斗が勘違いで赤面する話(開花後イラスト参照)

おばあちゃん語録『失敗は成功のもと』

 

[アイドルオーディション グランプリ] (結城由乃) 春:北斗

事前登録キャンペーングランプリ配布シナリオ

これは今からでも読めるのでしょうか??氷鷹北斗推しなら読もう

北斗の口から両親がアイドルと大女優だとはっきり告げられたのはここが初です

グランプリおめでとう!!北斗を推していて良かった!!と担当が涙する話

 

[仲間/第一話] (結城由乃) 春:北斗

☆4[責任感と仲間]氷鷹北斗で解放

DDDでfineに勝利し、桜フェスで成功を収め、このまま快進撃を続けるため朝練に励む北斗

「自分の限界を超えて仕事を受けるべき」「たしょうの無理はして当然」「貪欲な精神こそアイドルに必要」この子心配ですね

タオルを渡したり差し入れを食べてもらったりマネージャーのような行為でプロデューサーとしてたくさん褒めてくれる北斗

 

[間/第二話] (結城由乃) 春:スバル・北斗・真・真緒

北斗を心配する真緒と真、もっと自分たちを頼って欲しいスバル

焦りから自分の気持ちを押し付けて空回りしていた事を仲間の顔を見て気付けた北斗が転校生と金平糖を食べて仲間の大切さを思い出す話

スバルと北斗のじゃれあいと差し入れに夢中な真がかわいい

 

瀬名泉[体力測定/第一話] (結城由乃) 春:スバル・北斗・真・泉

☆4[モデルの指南]瀬名泉で解放

※出ヒヤホウ スバルの「ホッケ~」ボイスがあります

テンプレじゃれあい後に体力測定に向かう転校生、スバル、北斗、真が廊下で泉に遭遇する話

ゆうくんを誑かす害虫は駆除すると転校生に詰め寄る泉と庇おうとするゆうくんと泉を睨む転校生

 

瀬名泉[体力測定/第二話] (結城由乃) 春:スバル・北斗・真・泉

スバル「あのワカメみたいな頭をした先輩にウッキ~が穢されちゃう」 結城スバルです

北斗「大切な仲間がみすみす毒牙にかかるのを見過ごすわけにはいかない」 ひどい言われようだ

姿勢が悪いと罵倒された転校生はゆうくんの生写真を渡してお手本を見せてもらうことに。

泉「あんた、かわいい顔してえげつない手段をとるねぇ」

気を良くした泉は写真撮影も許可してくれた上にわざわざ着替えてきて転校生が待っていたことを褒める…ゆうくん生写真効果半端ない

そして転校生の持っているカメラがゆうくんのものだと瞬時に気付く洞察力…瀬名泉って本当に面白いですね

プロ根性溢れる瀬名

 

 

氷鷹北斗が出てくるスト―リーを紹介したい!!!という思いから書き始めたのでおおむね満足です

 

夢ノ咲学院アイドル科は個性豊かなキャラを取りそろえています。

割と奇天烈なので苦手かなと感じるキャラもいるかもしれませんが、どの子もいろんな面を見せてくれて自分らしくキラキラと光り輝いているので推し以外にもどんどん触れ合って欲しいです。

とりあえずストーリー読んでくれよな!!!!!

あんスタ ドリフェス夜 レポ④

生アフレココーナー③

【マリオネット 仁兎なずな】WhiteRabbit/第二話(なずな・創・友也)
マリオネットのBGMが流れた瞬間死を悟る…そんなの無理(すぐ死ぬタイプのオタク)
しののんの中の人が普通に立っているだけでもクネってて腹筋崩壊しそうなので朗読に集中するべくあまり見ないようにした 面白すぎる勘弁して

スチルがスクリーンに表示された時、皆が息を飲んだ

「(そんなおれを見て、お師さんやみかちんも笑ってくれるかな……?)」
泣いた


【聖夜祭 紫之創】第五話(創・なずな・奏汰)
マイナスイオンが出てた


【怪盗vs探偵団 真白友也】真相解明/第四話(友也・創)
最高 最of高 もう最高だったとしか言えない

「(日々樹部長も、どっかで観てんのかな。)」って言いながら目を凝らして客席を探す仕草が最高でした
客席に日々樹渉は確かに存在した…最高

入学して良かったって言う友也くんに泣いた。ボイス付くと更に泣ける
その後の友也くんの挨拶本当に好きなんですよね!!
「歌は創に、ダンスは光にかなわないけど…。精一杯みんなの足を引っ張らないようにがんばります!」って四月から言ってた友也くんが
「みんなと足並み揃えて、仲良く一緒にがんばりますっ☆」って言い換えるところが本当にいいよね~~

友也くんは普通な自分から脱却して自分だけの個性を見つけたくて夢ノ咲学院で頑張ってきたけど、らびっつでの活動や日々樹部長とのやり取りを通して
「『普通』こそが俺の個性なんだ!」([普通のあり方]開花後ライブ台詞より)
って気付いて普通な自分を受け止めることができた
でも学院入学以前からの友達な創はずっと前から気付いてたんですよね…
「友也くんは『普通』が『個性』ですから」([最初のレッスン]ストーリー「良い子悪い子普通の子」より)
日日日先生ありがとう…

話がずれました 真白友也最高に推せるのでよろしくお願いします!


【苺狩り 高峯翠】第八話(翠・忍)
新田くんが身振り手ぶりではしゃいでてかわいかった
「いいもん……。べつに、悔しくないから……」(にやけながら)
「えっ?俺に、ゆるキャラのストラップをくれるの……?」(嬉しそう)
「『千秋…お兄…さん?』」( )
凄かった(察して)


【ストーリーライブ 南雲鉄虎】線と線/第四話(鉄虎・千秋)
最高~~~!!何回も言うけどユニットCDドラマパートのてとらは解釈違いです
「○○ッスよ~」って口調フルで聞くとめっちゃかわいい

千秋「抱きしめてもいいか?」
鉄虎「嫌ッスよ。」(凄い冷たい声)(最高)

千秋「ありがとう南雲、強く育ってくれて」
泣いた


【聖夜祭 深海奏汰】プロローグ(奏汰・なずな)
どうしたどうした 何故ここなんだ
なずなも奏汰ちんもかわいかった


【海賊フェス 仙石忍】海軍/第二話(忍・千秋・奏汰)
忍かわいいよ忍

千秋「俺もやりたい、その縄にぶら下がってギュイ~ンって滑空するやつ!」
無邪気か

奏汰「たのしいです。むかしとは、『おおちがい』です。しあわせ……ぷか、ぷか♪」
泣いた


【ヒーローショー 守沢千秋】エピローグ②(流星隊全員)
流星隊勢ぞろいだー!!泣いた

「ぎゅうぎゅうって抱きしめて、たっぷり感謝の気持ちを表現したっ☆」
―暗転―

そこで締めるの!?って正直笑った
最後まで聞きたかったよね???俺たちのあんさんぶる聞きたかったよね?ちょっと不満


新田くんが壇上する度にスタッフがついてきてマイク調整されてたのがかわいかった


キャストが壇上
樋柴・駒田・米内・高坂・比留間・西山・中島・帆世・渡辺

この時私は比留間・西山・中島の並びでsoffiveじゃん!って泣いた…

soffiveとは…「声優戦隊ボイストーム7」モーションコミック化の際に作られた81の若手声優ユニット
番組後半の実写パートと番組のOPEDを歌っていた。
メンバーは西山、比留間、中島とランズベリー・アーサー、伊藤健人
当時は全然名前見なかったけど売れてきて良かったよね……81おめでとう

米内さんはボイスが付けられて良かったって話を多分してた
(これ神尾さんだったかもしれない…)(あんスタプレイ勢)

高坂「なんか僕やっと喋れたって感じで~」(バラエティコーナーでは一言も喋ってない)
「昼は痛くなかったんですけど何故か足が痛くて~なんででしょう?」
もう勘弁してwww

中島「(比留間の発言に対し)普通か!!」
比留間「普通って言うな!」

西山「『奏汰くんさ~もっと巻いて』ってさっき言われて!」
「でも奏汰くんはこういう子なんです!」
「増田さんに言われて~『ぷかぷか』(早口)」

帆世「今回は弱ってる千秋を演じた」

中島「(新田が話始めると)あれ~どこにいる?見えない」
新田「ここにいるよ!」(めっちゃジャンプしてる)

新田「忍くんは最初は一人ぼっちで、一人で忍者同好会を立ち上げたんだけど、流星隊のメンバーが忍くんを見つけてくれて」
「今日はここにはいないんですけどゆうたくんって友達も出来て」
「(なんかいっぱい喋ろうとする)」
中島「はい時間切れ~」
新田「(慌ててまとめる)」





最後にキャスト全員が壇上

神尾さんと神永さんが肩から紅月タオルをかけて登場
紅月は家族


浅沼「先生!トリックスターが増えました!」
伊藤(眼鏡をかけ、腰に青のチェックシャツを巻いてる)(金髪なのでまんま真)
緑川さんと寄り添いポーズを立ってた…ゆうくんと北斗だ…
浅沼「俺こういうホラー映画観たことある!!好きすぎて本人になっちゃうやつ!!」

駒田「最後に生徒会長の緑川さんから一言お願いします」
緑川「さっきの小道具のとこに敬人(インコ)を置いてきてしまって…怒られちゃうんで返してください!」
「課金は計画的に。課金するのはいいんだけどゲームにはこれだけ。グッズにはこれだけ。後はイベント預金…みたいにしてくださいね」
「司会を勤めてくれた二人に盛大な拍手をお願いします」


駒田「今日は5月~?」\1日~!/
「明日の2日は緑川さんの誕生日です!」
運び込まれるケーキ(ティパーティ開花前イラストのキャラケーキ)
「みんなこれ見れるかな!?」(角度的に見えない)

米内さんとかがケーキを傾けてなんとか見えるようにしてくれてた(あんまり見えない)
緑川「後で見れるようにするね」(各々がTwitterやブログで写真をアップしてくれています)

駒田「皆でバースデーソングを歌いましょう!何て呼ばれたいですか?」
緑川「えっとじゃあ光ちゃんで」

緑川「僕もう明日で48歳になるんだけどまだ高校生演じていいかな?」


駒田「じゃあ僕たちが『あんさんぶる』と言ったら『スターズ!』って言って下さい!」
「この後カラオケ行こうとか思ってないでしょ?全力で声出して下さい!」

「あんさんぶる」\スターズ!/

暗幕が下りてイベントは終了
しゃがんだり寝そべって幕間から手を振ってくれるキャストの皆さん

イベント時間は全体で2時間40分くらいでした

ユニットソングCD連動購入特典でイベントの応募券付けたのにユニソン歌わないの!?と思っていた時期が私にもありました。
歌は無かったけど新作MVでライト振ったりコール入れられて会場の一体感が味わえてとても良かったです。

イベント用の書き下ろしシナリオがなくてもアプリのシナリオを朗読してくれるだけでこんなに楽しめるとは…
イベントシナリオ朗読はほんとに需要ありますから!!
30日のニコ超会議のイベントでもシナリオ朗読がなされていて、ニコ生レギュラー番組化とのことなので、こちらで朗読が聞けるのかもしれませんね。
推しがゲストに来る日が今から楽しみです!



私は本当にあんスタが好きなんだと実感できたイベントでした!
ありがとうあんさんぶるスターズ!ありがとうハッピーエレメンツ!課金します!
私立夢ノ咲学院ドリームフェスティバルは円盤化しますので是非買って下さい!

あんスタ ドリフェス夜 レポ③

生アフレココーナー②

ティーパーティ 天祥院英智】夢のつづきを/第六話(英智・司)
えーち先輩ティーパーティなんだ!?って正直びっくりした
泣いた
司くんは添えるだけ


【サーカス 伏見弓弦】Exercise/第一話(弓弦・桃李)
「まぁ実際、わたくしが丹精込めてつくったお弁当を放り出して…転校生さんに『あ~ん』ってカツ丼を食べさせられている坊ちゃまを見たときは、腹が煮えくりかえりましたが」最高
生命の危機を感じ謝る坊っちゃまが最高かわいい


【サーカス 姫宮桃李】Ensemble/第一話(桃李・弓弦)
腕を振りながら紅月の「百花繚乱、紅月夜」を歌い出す坊っちゃま かわいい
「あっ違う歌歌っちゃった!」かわいい
大衆に媚を売る坊っちゃま最高にかわいい


【歌劇 鬼龍紅郎】第六話(紅郎・英智・レオ・鉄虎)
紅郎・英智・レオのやり取りは緊迫感があって良かったです
神尾さんがいいところで噛んでしまったけど神尾さんは本当に良い声です

紅郎『覚悟しな、辻斬りさん』(めっちゃ良い声)
鉄虎『覚悟しな、辻斬りさん』(ヨシキのアドリブで紅郎の真似)(驚いてヨシキを見る神尾)

鉄虎「俺が辻斬り役だったら、戦う前に降参ッス!」(頭に手を当て降参のポーズ)
神尾(ヨシキを見ながら頭に手を当て降参のポーズ)

なんだこれ仲良しか…仲良しだ


【喧嘩祭 神崎颯馬】決戦の暁/第五話(颯馬・紅郎・桃李・弓弦)
神崎カッコイイ―!キャー!!
ここを選んでくれた人ありがとう最高にかっこいいよ

神永くんの「やや!」が面白くて大好きなので生で聞けて超うれしかった
生「やや!」も超面白かった


アフレコが終わりキャストが壇上

緑川「fineのフィはフィびき渉のフィ」
  「僕の意見なんですけどfineにとって日々樹渉の存在って大きいと思うんですよ」
  「言いそうじゃないですか?『ふぃびきわたるです!!』」
  「今日はネしかいません」会長がそういうならと全肯定する村瀬

緑川「(神永に対して)緊張してるって言ってたけど僕も緊張してるよ。いつまでたっても緊張する」

神尾さんと神永さんが二人でキャッキャしてたのかわいすぎたんだけどここだったかな

\かわいー!/の声援に嬉しそうに手を振る神尾さん
村瀬「違うよ!?」

村瀬「昼はチェーンソー怖いって思ったんですけど、だんだんこんな弓弦もいいなって思えてきて」的なことを言ってた…はず…


紅月「百花繚乱、紅月夜」MV
これが物凄く出来が良くって最高にかっこよかった
でもなぜ最後はああなってしまったの…?
2wink「シュガー・スパイス方程式」MV
会場がピンクと水色のサイリウムで埋め尽くされて最高でした!


ゲストコーナー②
またルーレットでチーム分けです
Cチーム[中島・西山・神永・緑川]
Dチーム[比留間・高坂・神尾・浅沼]
流星隊は絶対同じチームになる運命なのかな!?

衣装と小道具とマネキンが運ばれてきてテーマにそってコーディネート対決をするコーナーでしたがなんかもうひどかった
それはもうひどかった
浅沼「(昼はKnightsのいるチームが負けてしまったんだけど的なことを言っていたような?)さっきセナとスオ~が頑張ってくれたんで俺も頑張ります」
緑川「僕苦いお茶好きなんで勝っても飲みたいです」

運ばれてきた黒マネキンで早速遊び始める両チーム
マネキンは白のタンクトップにベージュの半パンを穿いてて
浅沼「もうこれ裸の大将じゃん!やばい、世代を選ぶこと言っちゃった」
中島「このマネキンに壮馬って名前つけていいですか」
「ちょうど2人いる!」

最初のお題は「河原でバーベキューデート」的なコーデだったはず?
始まった途端にマネキンを解体しだしタンクトップを脱がせ、半パンを下ろすDチーム
高坂さんは何故かクネクネしながら衣装を着てた
Cチームは盛りに盛ったコーデでいつまでも足してた
「すごい足し算と引き算の対決って感じ」
Dチーム「(高坂さんの)手がつっちゃうから早くして」

神尾さんが小道具の釣りざおで神永くんを釣ってじゃれあっていたのがハイパーかわいかった

Dチームは一瞬で終わってしまったのでその後は神尾さんがずっとにこやかに客席に手を振っていました(´▽`)
浅沼さんもそれに気付いて手を振る
神尾さんは比留間くんの肩を叩いて上を指差し手を振るよう促してたみたいで、比留間くんが手を振った瞬間に終了の鐘が鳴って笑いました 間の悪い感じ友也っぽくない!?!?

まずはCチームのマネキン
マネキン横にいる中島(小道具の帽子を被ってた)に説明を求める司会
頭には虫取り網の帽子・髭・タンクトップの胸に詰め込まれた何か(詰め込みが雑)・虫かご
手には敬人(緑川さんが持ってきていたインコのぬいぐるみ)
もう説明無理なんで円盤を見てください

西山「(中島を差し)癖の強いデザイナー感が凄い」


次はDチームのマネキン
左手で帽子を押さえ股間を隠して右手を伸ばす先には高坂マネキン(寝そべり手を伸ばし足は絡まってた)
説明無理なんで円盤を見(ry
浅沼「ストーリー性があるんですよ!着替えようとして脱いだらドアを開けられて『違うんだ!』っていうポーズ」
高坂さんはドアを開けてしまった女の子
比留間「この角度(マネキンの後ろの方から)見て欲しい」

どちらのコーデが良かったか観客の拍手で決めることに
中島「あっちのチームに拍手してたら『…フーン』って思うからな!」
勝者はDチーム

浅沼「みんなの方がやらしいゾ☆」(村瀬の真似)
  「よっしゃ完コピしてやったぞ!」


今のマネキンは後ろに下げられ新しいマネキンが運ばれてくる
Cチームのマネキンは手の角度がやばい、Dチームのマネキンは両手が股間に
浅沼「(先ほどのマネキンを指差し)これさっきの続きじゃん!!スタッフ遊び過ぎだぞ」

次のお題は「大人っぽい雰囲気でデート」かな?
対決が始まる前に円陣を組んで作戦会議を始めるDチーム
始まった途端、浅沼さんと神尾さんがマネキンを抱え舞台袖に消える
ひょいっとマネキンを抱えて走り去る神尾さんがめちゃめちゃイケメンだった
その間高坂さんのコーディネートをする比留間くん
ショッピングモールデートの友創みたいだった…ちなみに高坂さんはクネクネしていた
帰ってきた浅沼神尾はどこからか持ってきた帽子や服をマネキンに着せる
マネキンと腕を組み寄り添う高坂さん
高坂さんに薔薇を加えさせる比留間
小道具の帽子を被っていた比留間くんに「お前似合うな!?」「ここに立って」「こういうやつ普通にいそう」


Cチームは真面目に衣装を選び着せていましたがズボンがなかなか穿かせられず苦戦
次はサングラスをつけてマネキンの横に立つ中島 何故か全員がサングラスつけてた
マネキンは白ジャケットに黒いパンツ、スパンコールの何かを肩にかけたコーデ
緑川「神永くんの若い感性に任せました」
神永「格好よくないですか?」
中島「中にTシャツ着てないけどな」(裸ジャケット)

Dチームのマネキン
浅沼「上から神尾の帽子・伊藤マサミのパーカー・浅沼のサルエル・伊藤マサミの靴」
  「シスコン・サイコ・シスコン・サイココーデです」
  「デート中に夢の国を見つけた設定」
比留間「出港でーす」
圧倒的にこういうキャストいるわ感凄かった めっちゃ友也だったな!!!


2回戦もDチームの勝利
浅沼「スオ~セナ~ナル~リッツ~やったぞ~!」
Cチームも焼き肉連れて行って欲しいという流れで
浅沼「緑川さんは一緒にいきましょ~」抵抗なく敵チームにいく緑川さん

罰ゲームのお茶が運ばれてくるもコップは5つ(Cチームは4人)
中島?「神尾さんも飲みましょう」
と何故か勝った神尾さんもお茶を飲んでいました
中島は飲んだ後舞台袖に消えた
「あいつ昼も舞台袖行ったよな!?」




Ra*bits「Joyful×Box*」MV
かわいかったね…

流星隊「夢ノ咲流星隊歌」MV
戦隊モノのOPみたいで格好よかった